« November 2012 | Main | January 2013 »

5 posts from December 2012

Dec 31, 2012

2012年総括

何度か総括を書いたんですが、
やめます。

よいお年を。


| | Comments (3)

Dec 23, 2012

筆記体

筆記体

Merry Christmasの練習。

| | Comments (0)

Dec 17, 2012

誕生日

Image_2_2

今日は一年に一回あるかないかの誕生日です。
ついに33回目のこの日を迎えました(パチパチ)。

さっそくプレゼントとケーキを用意してお祝いしました(雑です。わかってます)。
気になる中身は・・・


Image_3_2

平澤まりこ×STUDIO CLIPの、
絵本「森へいく」のマグカップとハンカチ(ほしい〜)。
森へいくという絵本は読んだことはないんですが、
今度読もうとおもいます。



(プレゼント・・・?)
いや、これは事故なのです。
まさか自分で自分にリボン付きのプレゼントは買いません。
実は・・・、
きのうお店をふらふらしていたらこのアイテムに出会いまして、
直前にちょうどブックオフに洋服を売って2000円持っていたので、
買おうとおもい持っていたところ、
店員さんに「プレゼントですか?(キラキラ)」
と話しかけられてしまい、
「、。そうだす」
と小さなうそをついたが為に、
このような事態となりました(´・ω・`)

そこからはもう、
森ガールな恋人のためにプレゼントを探しにきた素敵男子を演じるべく、
見栄をはってラッピングも、
「こっちのやつ」
とわざわざ有料のタイプを選び、
前代未聞のおれプレゼントが完成しました。
店員さんごめんなさい。


ありがとう。


| | Comments (4)

洋服 フレンチアンティーク/ヴィンテージ

洋服 フレンチアンティーク/ヴィンテージ


ひきつつきフレンチアンティーク、ヴィンテージの話。
19〜20世紀あたりのフランスの農民服、ワーク、ミリタリーウェアが素敵すぎます。

見ているだけでドキドキするこの感覚は、
錆びてペンキの剥がれた雑貨や家具を見ているときと同じかもしれない。

ヨーロッパ古着の存在を知ってから、
これまで持っていた古着のイメージ(いわゆるアメリカ)が全く変わりました。
フランスの古着を見ていると、
物語を読んでいるような気にさえなります。


都内で買えるお店を調べてちょこちょこ行ってきました。
もちろんメンズ取り扱い。




京橋「Mindbenders & Classics」

最初にサイトをみた時にそこに掲載されている洋服達を見て、
一気に虜になってしまったというか、
なんというかとにかく、

(*´д`*)ハァハァ

でした。
京橋にあるお店はビルの6Fにあるんですが、
ここのエレベーターが手動式。
映画みたいに重い鉄柵をゴゴゴ・・・と開閉して乗り込みます。



下北沢「SPOOKY?」
中目黒「Olgou」「OLDE BROWN」

と、どれも自分が着ても余るようなサイズ感の服が、
しかもこんなのが欲しいなーと想像していた様な素敵な洋服が
目の前にみっちり置いてある訳です。
よだれが止まるわけがありません。

フランスがモードの拠点たる由縁がわかってくる様な気がします。

| | Comments (0)

Dec 10, 2012

ロングシャツを求めて

ロングシャツを求めて


リンネルとかみてるといつも思うわけです。

「あたすもろんぐしゃつがほしいだす」

でも、メンズにはそういう仕立てはまずほとんどありません。
うってません。
増してや自分のこの身長だと、
根本的に国内のレギュラーサイズでさえも
着丈・胴囲では全くのボリューム不足な訳で、
それに加えて着丈の長いロングシャツなどとなると、はっきりいって皆無。

「ほしいのがうってないだす」

モード寄りならどこかにはあるとは思うんですけど・・・
洋服の好みは変わっても、シルエットにおいてはヨウジメソッドは絶対なのです。



色々調べると、
昔のヨーロッパのワークシャツなんかには長いものが多い様で、
下北とか行ってそこらの古着屋(アメリカ系?)を探すも、
ロングシャツは見つかっても好みの着丈と柄が一致するなどほとんど奇跡。
(ヨーロッパ系古着との違いは後で知ります)

着丈100cm、胴囲150cmのシャツなんてどこにあるんだ。
作る?、とも思いつつ・・・。

やはり外人用なら、と思い通販を調べると、
L.L.Beanで海外規格の、
しかも高身長用の“トール”というものが買えることを突き止めました。
「アメリカ規格XXLのトール」という馬鹿サイズ。
新品だしスタンダードな柄が豊富。



そしてそこからさらにディテールを追求すると、
やはり古着になります。
スウェーデン軍のグランパシャツというのが古着で買えることを発見。
生成りで目が詰まっていてハリがあり、
小さめの襟などいよいよ雰囲気が出てきます。

そうこうしてるうちに辿りついたのが、
フレンチアンティーク、ヴィンテージの洋服。
存在感がまるで違う・・・!

つづく

| | Comments (2)

« November 2012 | Main | January 2013 »