« May 2012 | Main | July 2012 »

8 posts from June 2012

Jun 30, 2012

アンチテーゼ

0630

真鍮の豆鋏と、
アンティークの鍵のネックレス。
雑貨屋でこの鋏に一目惚れし、
思い立って家にある部品を組み合わせて作りました。


これを首からぶら下げているとよく、
「それほんとに切れるの?」
と聞かれる。


ちゃんと切れるから、
美しいのです。
ちゃんと切れるから、
おもしろいのです。

| | Comments (0)

Jun 29, 2012

ベクトル

何が問題なのかというと、
24時間というスパンでスイッチがうまくできないということ。

閉じた心を開くのは割となんとかなるが(外に出て社会に飛び込めばいい)、
一度開いた心というのは閉じるのがまた難しい。

これは、
ペットボトルからバケツへ水を空けるのは容易だが、その逆は難儀するのと似ている。

あるいは、
布を水で濡らすのは一瞬だが、
乾かすには比較にならない程時間がかかるのと似ている。


愛想笑いなど辞め、
海に放たれた小石のように下へ下へと静かに沈んで行き、
扉をパタと閉め、
他者から解放され、
言葉に頼る必要がなくなったとき、
言葉に代わって感覚が台頭する。



| | Comments (2)

Jun 28, 2012

つまらない人間


自分でもにわかに信じ硬い変化だが、
職場では常に精神的にオープンでいる。
円滑なコミュニケーションを取るには瞬発力が必要だからだ。
むっつりと自分の世界に入っていては、職場は回せない。

はじめ、この状態は自分にとってデフォルトではないものだったはずが、
慣れとは怖いもので、半年も経つとその状態でいることがデフォルトになってきている。

逆説的に、自分にとって、
心を閉じるという行為が自分らしさを形成する重要なエレメントであったと気づく。
つまりそんなオープンな自分なんてつまらない存在なのだ。
口数少なく、何を考えているかわからないくらい自分に固執している方が、
思考からイメージから心を離さず、四六時中囚われているくらいの方が・・・

自分は意外と適応力を持ち合わせていたのだ。

僕は今、オープンで人当たりの良い“つまらない人間”になろうとしている。

| | Comments (3)

Jun 27, 2012

今起きていること

なぜ自分はブログを書かなくなったのか。

更新の頻度が鈍る一方だ。
いつの頃だったか自分の中に何がしかの変化が起きたまま、
回復していない感じがある。

更新が滞ったまま進まない有様はまた、
手を止め、足取りが鈍った自分自身の今をそのまま示しているかのよう。


ひとつに、仕事の取り組み方が180度変わったのが原因ではないかと考えている。
人間との関わり。
使われる側から使う側へと移るということは、
心を常に開放しておくことが必要不可欠であり、
それはこと自分にとってはとてもエネルギーを消費する行為となる。

つまるところ、自分が何かを作るにしては人との関わりが多過ぎるのだ。


| | Comments (0)

Jun 26, 2012

Glassjaw "coloring book" EP

0624

Glassjaw(USポストハードコアバンド)の最新音源を入手。
2011.2.13リリースの6曲入り。

これ、基本的に流通してなく、
リリース時の期間限定フリーダウンロード配信か、
海外のツアー会場で直接購入する以外は手に入らないようです。

EPの存在は知っててもずっと買えず、
色々調べた結果ebayにあるという情報をもらい、
落札してLAから空輸してやっと手に入れました。

素晴らしいです。
今回少し違うのはクラブミュージック的な匂いがするというか、
かなりベースが低音出てて、ウーファー通して聴きたくなります。
どことなくシンプルながらも、ポリリズムや変則的なアプローチも聴いていてクセになる。
どのパートを聴いても完成度が高くいちいち感心してしまいます。


| | Comments (0)

Jun 04, 2012

iPhone 続き

iPhoneなんて必要ないと思ってたんですけど、すごく便利です。
もうデジカメを持ち歩かなくても、
iPhoneで撮って編集、即記事としてアップしたり、
家のMACに保存したりできる。

初めからそれが目的で買ったんですけど、
こんなに便利だとは・・・、想像以上です。

| | Comments (2)

iPhone

いつも携帯から更新していたんですが、
iPhoneに替えてからはしばらく更新ができませんでした。

なんとかやり方がわかったのでようやく…
でもフリック入力に慣れるまでは長文がうてません。
言葉を紡ぐには、集中力がいるのです。

| | Comments (0)

Jun 03, 2012

てすと

てすとだから
てんぷ

| | Comments (0)

« May 2012 | Main | July 2012 »