« November 2011 | Main | January 2012 »

14 posts from December 2011

Dec 30, 2011

割とどうでもいいこと

ファーストキッチンの前で
若い夫婦とおばあちゃんが足を止めた。
すると奥さんがおばあちゃんに向かって、

「え?買うの!?シワシワになっちゃうよ!?」

それどういう意味?
もうシワシワだよと思った。
いやそれは思わなかった。


通りすぎて向かいのケンタッキーに寄ったら、
店員がみんな太ってた。


-----------------

無印にサインペンを買いに行った。
迷ったので試し書きしようしたら、
試し書き用の紙にピンクの蛍光ペンで「SEX」と書いてあった。
これはいけないと思って(社風に合わない)、
一旦それと同じピンクの蛍光ペンに持ち替えて、
「8EX」
とごまかした。

帰宅してから、
もっとおもしろい返しはなかったか?と悩んだ。

| | Comments (2)

曖昧でどうでもいいこと

Wikipediaで“夏帆”を調べたら、
めんどくさがり屋と書いてあった。
ふうんと思って、
なんとなくブログを検索して見てみたら、
全然更新されてなかった。
本当だと思った。


ルームソックスは何日履いたら洗濯なのか。
でももし、
「そんなの1日でも履いたら洗濯だよ」
なんて意見を聞いてしまったら、
うちのルームソックスサイクルが崩壊してしまうので誰にも聞かない。
ルームソックスは1足しかないのだ。
無印の赤いルームソックス。

クリスマスに干しておいたら、中にてんとう虫が入ってた。

| | Comments (0)

Dec 29, 2011

大掃除

いらないものたくさん捨てて、
売れるものはオフハウスで売って、
収納を改善して、
大掃除して、
溜まってたToDoリストを片っ端から消化。


久しぶりに清々しい気分。
あれもこれもと片付けながら、こころが乱れていたのかなぁと思った。

| | Comments (0)

Dec 27, 2011

総括

もう今年も終わり。
色々なしがらみを残したまま。
日々歩むと言うよりは、
朝起きて、
昼は歩んだ様な気になって、
夜になって足下を見たら朝と同じところに立っていた、
様な毎日。


あと4日間のうちに何か前進したい。

| | Comments (2)

Dec 26, 2011

nest Robeの付録

今月のリンネルの付録がいい。
nest Robeの革のカードケース。
無くさないように(個人的には)鞄に繋いだりして使える、
便利な長めのストラップ付き。

雑誌の付録ってだいたい、こう、なんというか、
出番が無いものが多いんですけど・・・。
これは良かった。
色も「そうこれ!」て感じで。

最初表紙見てもピンと来なかったんだけど、
開けて実物見たらテンション上がりました。
床面(革の裏側)とかは未処理のままなので、
磨いたりして使おう。


メンズでナチュラル系の雑誌てないんだよね。
まぁあっても結局買わなそうだけど。

| | Comments (0)

Dec 24, 2011

生活にブルーナ

違うんです。

Dsc04614


別にコレクターじゃないんです。
ちゃんと、初めてこのクリーム見た時は、
こんな実用品にキャラクター起用したって売り上げ貢献しないでしょ、
安易だって思ったんです。
そんなね、真剣に100%中身で選ぶでしょって。


で後日。
手荒れ予防にとドラッグストアへ。
色々なクリームを散々テスターで試した結果、
いまいち違いがわからないなりにも
(というか、テスターひとつ目を全体に塗り過ぎていきなりすべすべになっちゃった・・・馬鹿)
なんとかメンソレータムの
“濃厚”なんとかってクリームに決めて、
(濃いのが効くんじゃないかと思った)
レジに並んだ。
そしたらレジ横にこのユースキンSがあって・・・。
どーせわかんないならこれほしい、
と衝動的にこっちにしてしまいました。
もうね、“ミッフィーが手上げてこっち呼んでる”としか思えなかった。

自分ていい加減だな・・・。


リップも、保湿とかに特にこだわりもないので、
どーせ使うなら楽しい方がいいと思って。
バッグにこれ入ってたら楽しくなるでしょ。


それにしても良くできてるなぁと思って調べたら、
デザインは佐藤可士和でした。
納得。
富士幼稚園といいユニクロといい、何でもやるなあの人。

| | Comments (2)

Dec 19, 2011

おつかい

新宿の世界堂に。
通販じゃないと買えないようなマイナーな材料が普通に並んでる。
感動しちゃった。
初めて渋谷のハンズに行った時以来の感動。
ここに来れる人はいいな。


ついでに伊勢丹メンズ館に寄って。
やっぱりいつ行ってもあそこは、
「この人たちみんな金持ちなんじゃないか」
と疑心暗鬼になる。
銀座行ったって、青山行ったってそんな気持ちにはならないのに何でだろ。

なんか、ブランドも確かめずにうかつに手にとると、
\100,000とかで「ひぃ」てなる。

見慣れない桁だから、
「100まん!?」
とか思っちゃったりして。

左手にぶら下げた袋にはねんどが入ってるなんて言えない。

| | Comments (4)

Dec 15, 2011

食べ方 2

Wクォーターパウンダーチーズは、
お肉がバンズからしっかりとはみ出ています。
そのお肉(のみ)を一口かじり、
すかさずポテトを食べます。
お肉をおかずにポテトを食べる感じ。
それをぐるりと1周やったら、
あとは普通にハンバーガーとして食べます。

このおいしい食べ方を発明して以来、
マックではこれしか食べなくなりました。
かなり手応え感じてる。


| | Comments (0)

Dec 13, 2011

毎日が

毎日がただ過ぎていく。

仕事を今までの人生で一番くらいに今一生懸命してる。
ひとりでもちゃんと生活をしてる。
でも充実感は皆無。
不思議なくらい空っぽだ。

家にいても何を作っていいのかわからない。
これは辛い。

| | Comments (2)

Dec 10, 2011

きもちわるい文化

テレビで天空の城ラピュタを観ながら、
ネット上に“バルス”ってみんなで書き込む文化があるらしい。

きのう、実際その書き込みを見たとき意味が分からなくて、
バルスっててっきりFrancfrancを運営してるあの会社のことかと思って、
急に注目浴びてるから今株が買いなのかな?とか・・・
なんだろうと。

今日になってニュースで、
それが劇中の“滅びの呪文”のことだと分かった。




・・・
今の時代のこういうの凄い冷める。
インターネットとの関わり方に気持ち悪さを感じる。
特にネットに端を発する文化に、嫌悪感を抱くことが多い。
若者の新しい文化や言葉遣いとかに距離を感じるようになったのは、
自分が年をとったからなのかな。
時代だとは思いつつ・・・、馬鹿じゃないの?て思う。


でもそうは言っても、
自分だって10代のころ、
学校の公衆電話に並んだり、
家電にかじりついてポケベル打ったりしてた。
男友達に「オヤスミ」とか(今思うときもちわるい・・・笑)。
あれはやっぱり、おとなには相当不可解な文化だったんじゃないかなぁ。

だから似たようなもんか。

| | Comments (2)

Dec 09, 2011

AA=

夕飯時につけてたラジオから、唐突に民放には不釣り合いな1曲。
歪んだトラックにノイジーなボーカル。
誰これ!?やばい!!と思って調べたら、
THE MAD CAPSULE MARKETSのTAKESHIによるソロ・プロジェクト、
「AA=」!
全然知らなかった。

TAKESHI(パーマの人)格好良過ぎ。
“All animals are equal”このメッセージ性も良い。
明日CD全部揃えてこよう。



そのAA=が東日本大震災の復興支援を目的にやってる「AA=AiD」。
その参加メンバーがこれまたとんでもないメンツ。
自分のバンド時代のど真ん中。

 
 TAKESHI
 Takayoshi Shirakawa (BACK DROP BOMB)
 Minoru Kojima
 金子ノブアキ (RIZE)

 難波章浩 (Hi-STANDARD)
 Hayashi (POLYSICS)
 HIROSUKE (BALZAC)
 K (Pay money To my Pain)
 Kj(Dragon Ash)
 Masato (coldrain)
 生形真一 (Nothing's Carved In Stone)
 SUGA (dustbox)

うおー!

1:50〜のエモい展開がやばい。
KとMasatoのVo.がもう・・・鳥肌立ちっぱなし。


そしてHayashi (POLYSICS)のところで妙に元気が貰える(笑)


AA=Aid

| | Comments (0)

Dec 08, 2011

におい

無印のアロマディフューザーを買いました。
面倒くさがりなので続かなそうだとずっと迷ってて、でもやっと買った。

寝る少し前に水とアロマオイルをいれて稼働。
いいにおい。
これダウンライトにもなっていて、
水がコポコポと波打つ様子が照らされて容器から透けて見えてきれい。
薄暗い部屋で、飾り棚の中を這う様に広がるミストを見ているだけで癒されます。


ほんとうは部屋がおじさんのにおいに染まらない様にです。
独り暮らしに戻ったとたん、いいにおいの要素がないんですよね。
そういう変化もあるもんです。

| | Comments (0)

Dec 06, 2011

真っ黄色いハンカチ

ハンカチ買いに行きました。
10年ぶりくらいか。
Vivienne Westwoodのハンカチ。


目も覚めるような真っ黄色のタータンチェックのハンカチが売ってました。

「あぁ」

見てるだけでワクワクする自分。
もう10年くらい興味が薄れていたのに、
やっぱりVivienneが好きなんだなぁと改めて気づきました。

ブランド崇拝という訳じゃなく、
今はもうちょっとシンプルに響いてくる。

昔よりももっと、鮮やかな色に触れるのが好きになった。
知ったというか。
関わり方を学んだ。
色って楽しいなと思う。
心底。

| | Comments (0)

Dec 01, 2011

悪魔

靴下と言えば、小学生のとき。

色白だった自分は、青い体育ジャージをロールアップして足をチラ見せし、
くるぶし丈の白い靴下をはくスタイルがトレードマークだった。
その色白な肌を女の子達がいつも羨ましがったからだ。

そんな訳でいつも女の子達と一緒にいるような小学生だった。
そのせいか色々と色恋沙汰が絶えず、
先生からはおまえはマセてるマセてると良く言われた。



そんな中、一度だけみんなを敵に回してしまった出来事があった。

雪が積もった校庭で雪合戦をしたとき。
自分はジャングルジムによじ登り、
何を思ったか頭ふたつ分はあるような“超巨大雪だんご”を、
下の女の子目掛けて落っことした。


ズーン!!

(やった!)


しかし、すると女の子が泣いてしまい(当たり前)、雪合戦は中断。
みんなから非難ごうごう。
というかこっぴどく怒られた。



・・・という苦い思い出なんだけど、
未だに鮮明に覚えているのは、
雪だんごを持ち上げ、ジャングルジムの上から女の子を狙ったときのビジョン。

余程血が騒いだんだろう。

| | Comments (0)

« November 2011 | Main | January 2012 »