« May 2011 | Main | July 2011 »

10 posts from June 2011

Jun 30, 2011

またやり直し

フェンス9割まで作って今朝全部ばらした。
作り直し。

4日間室内で作って外に運んで設置してみると曲がってる(ものが大きくて真っ直ぐ組み立てられない)、
直射の太陽光の下では白の色味が違う。
傾きはその場で修正を試みたけど、
構造が美しくなくなったのが気に入らなくて全部壊した。

実際に外で作り付けながら水平や垂直をとっていかないとだめだ。
わかってるけど、仕事行く前の限られた時間で焦ってやってるからこうなる。

調色も自信なくす。
眼があてにならない。
クリーム系に逃げずに寒色系でアンティーク色を作りたいのにうまくいかない。
雪の日の空のようなベージュ色を作ろうと思って、
できたと思って実際塗ったらどうも違う。
違う色に変わった。
青い。
眼が信じられない。


売るわけじゃあるまいし自宅用のDIYだもの適当でいいのに・・・


こんな感じで自分に疲れる。

| | Comments (4)

Jun 28, 2011

ロマンの有無

たまにamazonが本を勧めてくる。
今回は木工のエイジングの本というので買ってみた。
そういえば木工の本を買うのはこれがはじめてだった。
なんとなく嫌な予感がした。
届いて見て、なんというか、なかなかショッキングでした。


そこには、下地に塗るだけで塗膜がひび割れる魔法の薬品や、
塗るだけできれいな家具がアンティーク風に汚れる魅惑の色水が・・・!

なんてこった。
今まで一生懸命ペンキにパウダーやらなんやら混ぜて塗膜割らせたり、
染料やら絵の具やら試行錯誤してきたの。

この感じ、なんだろう。


ミニ四駆のシャーシを自力で限界ギリギリまで肉抜きして、
軽量化の研究してたのに、
タミヤ以外のメーカーが初めから肉抜きしてある(大人の力で)ミニ四駆(変な)を、
あっさり発売してきた時の感じだ。


ロマンとは何か。

| | Comments (4)

Jun 27, 2011

ペンキ

ウッドフェンスを作り始めた。

アパートの前は大家さんの家庭菜園の畑。
おかげでうちの部屋の前も一戸建ての様に広々としていて、
木工作業もできる小庭スペースがあり、とにかく使い勝手がいい。
いいんだけど、しかし、畑には毎日人がうろうろ・・・。
なので窓を開けたくても、開けられない。
開けたらくつろげない。
でもどうしても毎日きもちよく窓を開けたい。

「ちゃちゃっと作ろう」

実は屋外用は初めて。
雨風に耐えうるしっかりした耐候性が必要不可欠だ。
その為に、ウエスタンレッドシダーやウリン、防腐加工済みの木材を使用して作り、
キシラデコールで塗装・・・、
という間違いのないセオリーは今回一切無視した。
そこときめかない。


いつも通り荒材にペンキ。
いつも使ってる水性の合成樹脂塗料が塗りたい。
そして限界を知りたい。
どれくらい耐えられるのか。
そるが雨風によって朽ちるなら朽ちるで、
その変わり様を自分の眼で見たい。
何が原因で何が必要だったのか。
身を持って知りたい。
便利な資材を選ぶのはそれでから。

きっとリフォームを成功させたい訳ではないんだろう。
色を塗りたいだけ。
ペンキともっと仲良くなりたいだけ。

| | Comments (0)

Jun 23, 2011

感傷的であってはならない。

感情の強さだけを言葉にするのだ。



| | Comments (2)

Jun 21, 2011

セルフリフォーム3

引き続き。

Dsc04247

前回ここまでやって。
これ、何かが違うなと。
出掛けてお店とか色々見てきて分かった。
やっぱりというか、構造に基づく立体感がない。
裸婦の彫刻やるのに骨格と筋肉を学ぶみたいな。
そうか、と。
いつも見てるようで見てないもんだ。
実際やってみないとそれに気付かない。

まず角材で一色単に作った壁と窓枠を切り離して、
壁は壁で厚く作りなおし。
その上に窓枠をのせた。
(まさかの作り直しかとひるんだけどやらなきゃ気が済まない・・・)

Dsc04264

Dsc04268

開閉出来るようにまでやるつもりはなかったけど、
どうしても家の中を風が抜けるようにしたかった。
(果てしなくめんどくさいけどやらなきゃ気が・・・)
木枠にアクリル板、シール剤。



Dsc04275

まだ上の窓が一枚足りず。
一度に買い占めたため、入荷待ち。
壁も塗りがまだ。
ベニヤの境目を埋めるのと、
塗装とを一回で済ませようと(はやく終わらせたいから)、
ペンキに“との粉”を混ぜて硬く練ったものをコテ塗りしたが、
(画材屋が近くにないから、粉なんてとの粉くらいしか手に入らなかった)。
粘りが足りずダレていまいち埋まらない。
結局再び境目にシール剤充填してこれから再塗装を。
こんな手間かける事になるなら、初めから漆喰盛れば良かった。

最初は適当にちゃちゃっと作るつもりだった。
でも結局、全てをちゃんとやらなきゃだめだって事になった。
やる気があるのかないのか。

| | Comments (2)

Jun 18, 2011

捨てないで

気を付けててもどうしても溜まってしまうのが木材の端材。
端材だけでダイニングテーブルが2つできるくらいある(もはや端材ではないサイズ)。

長さも形も様々だから整理つかなくてじゃまだし、
かといって端材置き場なんてまともに確保できないし・・・。
でも買ってきた材料が足りない時に、
端材の中に偶然いい具合のがあったりして。
「捨てないで良かった」なんて、
そんなおいしい思いを何度も何度もしてるもんだから、
なかなか捨てられない。


成熟しないこの気持ち。


しかし!
今日は捨ててやりました。
切って切って切りまくってやりました。
可燃ごみは60cm以内。
のこぎりは雄叫びと供に。

(ちょっとだけ残したけど)

| | Comments (2)

Jun 16, 2011

ビデオコンバーター

ビデオテープをMACで見れる機械を買ったの。

これを使うと、MACのドライブにビデオテープが
「カチャ」
って入る様になるわけではなくて、
ビデオデッキとMACを繋ぐことができる様になるの。
つまりデジタル化して保存できるの。

電気屋だとVHSをDVD化するのに1本3000円くらいかかるから、これは便利なの。
実は1年くらい前からずっとこのデジタル化の方法がわからなくて・・・

最近ブラウン管のテレビがついに壊れたのを機に、
地球デジタル放送のチューナーとMACとを繋いでテレビを見れる様にするための、
ビデオキャプチャーを調べていて偶然分かったの。


VHSのままじゃテープが劣化したり、
デッキが壊れたりでいつか見れなくなってしまう。

これで撮り溜めた10年前のライブビデオを全部DVDに出来るの。

観てて懐かしいというか、
僕のMCなまってるの・・・

| | Comments (0)

Jun 14, 2011

すきやに行った。
風にはためく大きな新商品ののぼりを見て驚いた。


(つな丼!?)

(うわー、そりゃもともと牛丼屋としてはB級だけど、
 いくらなんでもシーチキンはないだろう・・・)

(いったいいくらで売るつもりなんだ・・・)


風が止んだ。

うな丼だった。


―――――――――――

押し出し窓4つと、
シンクの補助台と、
ダイニングテーブルを作って、
天井にベニヤ貼り、
こないだの壁の作り直し、
シャンデリアと踏み台のリメイクをやった。
写真とブログを書くひまはなかった。

他にも色んなことがやりかけ。
今必要なのは時間と体力!

| | Comments (3)

Jun 08, 2011

YOHJI YAMAMOTO: THIS IS MY DREAM

YOHJI YAMAMOTO: THIS IS MY DREAM from Huge Conglomerate on Vimeo.

予告編。

全編観たい。
パリコレのデビューから30周年、「Y-3」10周年ということで製作されたもの。

かなり影響受けた。
未だ不動の存在です。

| | Comments (2)

Jun 06, 2011

散々

会社出てすぐスキッドでバースト。
高架に響く破裂音。
夜中に1時間歩いて帰宅。
新品のタイヤとチューブに空気入れて、
90psiまでカチカチに入れたところで目の前で破裂。
狭い玄関で反響する爆発音。
鼓膜が飛んだと思った。
しばらく何も聴こえず。


食べる前に牛丼はひっくり返す(全壊)。

| | Comments (4)

« May 2011 | Main | July 2011 »