« April 2011 | Main | June 2011 »

7 posts from May 2011

May 29, 2011

セルフリフォーム2

Dsc04229

つやつやの茶色い柱の和室。
愛せない。


Dsc04239_2

上からベニヤを打って柱ごと目隠し(左側)。
前からやってみたかった淡い水色にペイント。
(継ぎ目はパテが乾かずまだ塗ってない)
この壁以外が手つかずなので、配色が気持ち悪く、そのあまりのダサさに、
「ない・・・」
と、いろいろ躊躇しそうになるがここでくじけない。
どうすればうまくいくかは分かってる。


Dsc04247

和室の外側。
塗装まで完了。
腰壁は漆喰塗ろうと思ったけど、ここだけ漆喰でもしょうがないのでやめた。
アクリル板にガラス用の装飾シートを貼ってはめ込む。
チェッカーガラスはあまりに高い・・・。
貼る装飾シートもチェッカー柄はどこにもなくて、ダイヤ柄(?)しかない。
でもどうしてもチェッカーじゃなくちゃ嫌だ。
一生懸命考えた。
45度回して貼ってチェッカー柄に。名案!

| | Comments (2)

May 27, 2011

セルフリフォーム

Dsc04224b

うちは2LDK。
ふた部屋とも和室というかなり手強い物件。
いちいち張り巡らされたニス塗りの柱が鬼門。
1部屋目は、前記事の様に板壁などで覆ってなんとかリフォーム。

もうひと部屋もなんとかしたい。
ふた部屋とも昭和なすりガラスの引き戸で、それぞれキッチンと繋がっている。
その引き戸を外し、新たに壁を造ることにした。
どうせ造るならわくわくするものがいい。

(・・・あれ?これはキッチンのリフォーム?)

| | Comments (2)

May 19, 2011

明日の神話に福島

壁画「明日の神話」にChim↑Pomがやらかして話題になってる。


ニュースのコメントとか見ると叩かれまくっている様子。

僕はドキッとしてワクワクしました。
(バンクシーとかも連想しちゃって笑)
そしてなんと言うか、福島原発事故の事実の大きさに改めて気付かされた。
日々流される報道とは違うベクトルで迫る。
ニュースって慣れて感覚が麻痺するから。
あそこに描きこまれた事によって、
これまでと、これからの長いスパンでの歴史としての原発事故の存在の重さを考えさせられた。
ドーンと・・・。


これが良いか悪いかは考えたい人が勝手に考えればいいと思う。
日本にはこういう人達の存在はあっていいと思う。

発信される“アート”を、日々受信しようとアンテナを張っている一部の人間にだけでなく、
今回みたいに、そんな垣根を越えて誰彼構わず知らしめてしまったこの手法は、
単純にすごいなぁと思った。

自由。

| | Comments (2)

May 09, 2011

Dsc04197

陽の当たらない部屋の奥の壁を板壁にした。
これからは絵でも自分の作りかけでもなんでも、
自由にここに掛けられる。
最初はエイジングを施した板壁にしたんだけど、
飾るものが映えないのでやっぱり綺麗に塗り直した。


青いのは井上陽子さんの作品。

| | Comments (2)

May 06, 2011

ぎわく

家の前は小学校の通学路。
朝と夕、毎日決まった時間に道がわいわいする。
おませなきいろい声達。
だいたいは何を言っているのかわからない。
朝は左から右へ、
夕は右から左へ、
わいわいと移動するだけ。


おやつの時間が過ぎたころ、
庭で板壁用に木を切っていると、今日も始まった。
わいわい。
だいたいは何を言っているのかわからない。

しばらくすると、おんなのこ達が家の前まできたところで言う。


 「ねーえ、あそこじゃなあい?」


(え、なになに?)
 

 「BB弾がたくさんあるおうちー。」


なにそれ。

| | Comments (0)

May 04, 2011

勝負

帰りにセブンイレブンで冷凍餃子を買う。
あたためるだけ、とある。

一目散。
お腹は待てない。
バリバリッと開けながら素早く裏を読む。


 “袋を開けずに…”


めげずにチンとして、
袋からトレイごと引き抜く。
そのまましょうゆをトクトク。
ダダダッと持って行く。
床にビチャビチャッ。
素早く裏を読むッ。


 “トレイには穴が…”


遅い!

| | Comments (3)

May 02, 2011

井上陽子 展

金曜日に、吉祥寺へ『井上陽子 展』を観に行ってきました。

地下のパン屋さんからはいい匂い。
解放感のある2Fのギャラリーfeve


生で観る作品は迫力が全然違った。
驚いた。
誌面や画像など作品を写した写真からでは伝わらないものが、
やはりあるんだなぁと。
再確認。


井上さんともお話できました。
これまで多少文章でのやり取りはあったものの、これが初対面。
緊張してクラクラ・・・。


-----------------------------------

「考えすぎ」、と言われました。

確かに初めはもっと純粋に好きなものを作っていた気がする。
それがいつしか、いろんなものを詰め込もうとしだして・・・。
でも、これを機に一周して戻ってきそうな気分。


“作る”って、作ることなんだなぁ。

| | Comments (4)

« April 2011 | Main | June 2011 »