« January 2009 | Main | March 2009 »

11 posts from February 2009

Feb 25, 2009

HALOツインレール終了

HALOツインレール、終わった。通勤で10日間使用。いつも通り普通にミッドスキッドして、ロングは3回。1周まんべんなくお知らせサインが見えた。

夢だったのかな。ありがとう。

さて、いつもの(ザフィーロ)に戻そう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

練習してたら警察官

23時過ぎ、帰宅途中に警察官がふたり民家の前にいた。空き巣でも入った感じ。大変ね。

閉店したショッピングモールの駐車場に寄って消灯までちょっと練習。広くて明るくていい場所。

しばらくすると白バイが2台。さっきの警官だ。んー、駐車場に入ってきた。なんだ。広い駐車場を一直線。「え?おれ?」と思っていたら「おれ」でした。空き巣?

・・・どうやら、たまにこの駐車場にたむろしてる人達がいて通報があるとの事。なんだ。と言うか、ぼそぼそ、声が小さくて何言ってるか分からない。あどけない顔して。生徒会?

こんな真夜中にひとりで、トリックにもならないトリックを我慢強くぱかぱか練習していて健気ですよ。むしろ褒めて欲しいくらい。

結局、帰って欲しいのか、人違いだから練習続けてもいいのか、警官なのか生徒会なのかなんなのかわからなーず。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 14, 2009

ペダル交換 wellgo MG-4

ペダル交換。「三ヶ島シルバンツーリング」から「wellgo MG-4」に。トリックしやすくなるかと。大きくてピンがついてるのでグリップ向上に期待。マグネシウム製で少し軽い。トゥクリップは無理矢理着けた。ペダルを少し削って、クリップを無理矢理曲げて・・・。着かない事はないです。

090213

乗ってみる――。

全然違う!ノークリップでもペダルが足にしっかり喰いついて来る。まるで別物。変えて良かった~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 11, 2009

引越し計画

“ピストとロードバイクの区別がつかない人に説明するなら、「ロードが自転車なら、ピストはスケボーだ」と。所作はスケボーに近い。”

引越し計画中。家電も新調だ。そういえば今の炊飯器と掃除機はもう10年以上使っている。まだ使える。使えるもんだな。ドラム式洗濯機って高いんだな。ドラム缶じゃ怒られるしな・・・。

木が一本と、詩的なシャンデリアがひとつ欲しいな。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Feb 10, 2009

やっぱりバックサークルから・・・

帰り際にBMXに遭遇。あぁ意識されてるなぁと思ったら、目の前でBH360。しかもすごい高さ。負けじと、思い切り目を合わせて帰った・・・。BMXもおもしろそう・・・。



ロックウォークロールバック、タイヤ変えてみたけどやっぱりすぐ外れちゃう。はぁ。タイヤ外れちゃって練習がはかどらないのは辛いな。みんなどうやって練習したんだろ・・・。Help・・・

フットジャムの方が先できそう(まだまだ遠いけど)。痛くない着地の仕方が解った。解るまで何度もお尻強打で死ぬかと思った。誰か教えてくれる人がいれば痛くないし早いのにな・・・。痔になるよ。


090210


さて。どっちにしても着地の後にフェイキーが出来なきゃ、メイクしても格好がつかない。やっぱりバックサークルか・・・。避けては通れないんだな。特訓か。

・・・つまんないんだよなぁ(-ε-`)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 08, 2009

犬画像

おさんぽ中・・・

090207_3 

でか!

可愛い。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Feb 06, 2009

ロールバック練習②

フロントタイヤをグランコンペ青に(すり減って薄くなっちゃったから!無駄遣いじゃない)。

090206

ようやく色まとまったかな。グリップは家に転がってた透明の。

ロックウォークロールバック少し掴んだかも・・・。上げるとき、ひざを少したたむ様に意識したら良く上がる気が。ひねりのタメをつくる感覚も分かってきた。かも。ただ、タイヤが・・・!外れる度に、いちいち携帯ポンプでしこしこ・・・、しこしこ・・・、しこしこ・・・、うんざり・・・。ほったらかしにしておいたら、チューブがはみ出してバーストした。タイヤチェックしようと思って覗き込んだ目の前で、「バンッ!!」。冗談じゃない・・・

タイヤ外して修理。リアはザフィーロなんだけど、これがいつも簡単にはまる。素手で軽く1回でぴた。楽だ。ミシュランのグレーのタイヤなんか死ぬほどきつくて、「2度と買うか!」と逆切れするくらいのもあったのに・・・

あ、・・・これが原因か。ザフィーロゆるいんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロールバック練習

ロックウォークロールバック練習してると無理な着地でタイヤが外れる・・・。携帯ポンプ持ってて良かった。用意がいいな僕って。

090206b

ホイールが壊れるよりはいいけど。壊れたらまた組まなくちゃな。H PLUS SONとか。オールホワイトでニップルだけ青緑とか。困るなあ。

右足の引き足が弱点だ。やりすぎるとすぐ付け根の筋が痛くなる。昔から亜脱臼だったし、こんな筋肉普段使わないしな。亜脱臼ナンバーワン。小中スキッドを逆足メインに変更。ロックウォークロールバックも逆周りで覚え直し。相変わらず90゜以内。練習恥ずかしい・・・。

NOクリップでメイクできるようになれば、引き足使わなくて済む。身体に優しいな。で、試しにやってみたけど・・・。ハードル高・・・。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Feb 05, 2009

カスタム間違えた・・・

「三ヶ島」から「SOMA」の4ゲートトゥクリップに替えてみた。

090205

ただ、何を寝ぼけたのか、プレート(ペダルの)の内側に固定しようとしてしまい・・・。当然ペダルのギザギザが邪魔で付かないのを、「海外のメーカーだから合わないのか」、と勝手に納得してしまい、ギザギザをゴリゴリ削り・・・。左右両方削って、仕上げまでした後で、ようやく付ける位置を間違っていたことに気づく。大丈夫か、自分・・・。疲れてるのかな・・・。

090205b

やり直し。

自分の大ぼけぶりがあまりにショックだったので、最初、誰にも言わず黙っていようと思った。

なんか、二股になったストラップ通すところが足の甲にあたって痛いかも。ロックウォークロールバックの練習のせいかな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 04, 2009

西尾康之 「DROWN」展

 頭から離れない西尾康之。広尾で降りて、山本現代へ。それにしても、ギャラリーというのはどうしていつもあんなに場所がわかりにくいのか・・・。2回前を通りすぎた。ビルの3Fにあるんだけど、1Fも別のギャラリーになっているのが落とし穴だ。

090204

 死体だなんて写真で見る限りでは怖いけど、実際に見れば何か発見があるかもしれない。

 3Fに着き、エレベーターのドアが開くと、目の前には横たわる死体。しかし、実際に見ると恐怖よりも、造形の素晴らしさへの興味が勝る。血管が透けて見える身体、見覚えのある太股の肉の付き方、股間から漏れたような血痕を眺めながら、やっぱり見に来なきゃわからなかったと思った。

20090109_nishio_m

人間が人魚になる過程を立体化したという。水死して死後数日が経過したイメージらしい。ここでは屍臭の演出はなかった。スケッチが脇にかけてあって、エラ呼吸への変態のことなのかな、妙な臓器がしっかり書いてあった。個展のタイトルである「DROWN」とは、溺れ死ぬことを意味する。西尾康之が小さい頃海でおぼれかけた体験があるらしく、創作を通して果敢に死の恐怖やトラウマと向き合う姿があるような気がした。

 初め、本で西尾康之を知ったときは、いよいよ気違いなのかと思ってどきどきした。どうして死体を作ろうとするのか、その心の内が気になった。でも、作品をちゃんと見ているうちに別にただの気違いな訳じゃないんだなと(そりゃそうだ)。整理されているし、バランスが感じられるし、計算しているアーティストの姿が浮かんだ。奥さんと子供もいるし(安心した)。ただ、最後に置いてあった作品集を見て、「タナトス」の腐乱死体や、昆虫の体に人間の顔をくっつけたものを見たときは、やっぱり・・・・かも、と思った。





* * * * * * * * * * * * *

以下補足。TABより引用。

「Transform-変態-」、「優麗」に続け、山本現代で3度目になる西尾康之の個展は、溺れることを意味し“DROWN”と題しています。

西尾は幼少時に海で溺れかけたことがあり、その後、人命に不可欠な物質でありながら命を奪う恐ろしい対象でもある「水」の脅威に悩まされ、心の安堵を求め続けて至った結論は「魚になること」でした。水の中で呼吸できるようになれば、水と死のつながりが解かれ、恐怖から抜け出せると考えたのです。今回の作品は、人類が水棲化する過程を立体化しようとしたもので、「人魚」がテーマとなっております。人魚といっても民話的なプロポーションを持っているものではなく、まだ完全には水に適応していない人類として、進化論的なリアリズムを追求した作品です。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Feb 02, 2009

イタリアン「La Voglia Matta」

イタリアン「La Voglia Matta」。ルミネ大宮店。

090201

↑トマトとモッツァレラチーズ。なにこれ、うますぎる・・・。

090201b

↑薪火で焼いたミラノピッツァ。辛口サラミの「ディアボラ」。噛む前に、口に運んだ瞬間にわかった。「なんか違う、これは絶対うまい!」。広がる薪の香ばしい香り、うま、うま、うま・・・!直径40cmもある。めちゃくちゃうまいです。正直ピザーラが一番うまいと思ってたけど(しょぼ)、「これが本物か!」と反省しました。

あの香ばしい薪火の香りといったらもう・・・

あーうまかったな・・・

| | Comments (10) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »